賃貸契約の労力は減ります|初めてでも始めやすいマンション投資|土地価格や相場を見極める
男の人

初めてでも始めやすいマンション投資|土地価格や相場を見極める

賃貸契約の労力は減ります

つみき

日本における賃貸住宅の経営は、伝統的に不動産所有者の資産運用の手段として普及していました。しかし、近年は投資商品が数多く開発されているお陰で、不動産投資も利用されています。家賃収入は長期的に安定した収入に繋がりやすいので、投資初心者を中心に購入者が増えています。ただし、入居者次第では、家賃を滞納する恐れがあります。家賃債務保証は、滞納時に家賃を肩代わりする制度です。慣習的に親族へ依頼する場合が多かったのですが、近年は家賃債務保証会社の利用が増えています。営利業務で行っているので、契約時に入居希望者の信頼性を十分に審査します。つまり、契約できる入居者は滞納の可能性が低い上に、万が一の際には企業が弁済するので人気です。

住宅は日常生活の拠点ですから、利用期間は長くなりやすい場所です。この点が賃貸経営が安定した収入になりやすい理由ですが、収入の減るリスクがない訳ではありません。具体的には、入居者がいない場合の空室と家賃を滞納される場合が最も可能性の高いリスク要因です。家賃債務保証は両方のリスクを軽減して、賃貸経営が安定しやすくなります。連帯保証人を確保できなければ、入居希望者は入居を諦める場合があります。しかし、家賃債務保証会社を利用すれば、即座に契約に繋がります。つまり、入居者の確保が、進みやすくなります。一方で、直接的な家賃滞納の影響を受けませんから、収入減少の可能性は基本的になくなります。手数料は契約者が支払いますから、損のないサービスです。